医療・介護・看護師の求人・お仕事情報 医療介護ワークス

看護師・介護・薬剤師・医療の転職・求人なら医療介護ワークス

TOP > 今月の特集第8回『夜勤だって連勤だってへっちゃら!元気顔レシピ ~メイク篇~』

 

第8回『夜勤だって連勤だってへっちゃら!元気顔レシピ ~メイク篇~』

忙しい毎日でお疲れ気味でも、鏡の中の自分がイキイキと見えれば、気持ちも前向きになれるもの。疲れを見せない元気メイクで、ハッピーオーラを身につけましょう!

ベースメイク

眉 / 目もと

ベースメイクでは、顔の影を消すことで、元気を引きだしましょう。顔の中心から外側へとファンデーションを塗ります。顔まわりは、パフに残ったファンデーションで薄くつけていくのが、厚塗りにならないポイント。厚塗りは、肌の透明感まで奪われてしまうので気をつけましょう。老けて見える原因となるシミやクマは、コンシーラーでカバー。また、目の際や口元の端などの影もコンシーラーを重ねることで、疲れ感を一掃できます。そして鼻筋や頬、さらに目のまわりにハイライトをさっとのせると、自然で明るい肌色のベースメイクが完成します。

眉 / 目もと

眉 / 目もと

眉は、やや上向きに動きをつけると元気度がアップします。眉頭からはじまって、眉毛の3分の2ぐらいのところ山をつくることで、微笑んでいるような印象を与えます。できれば、髪の毛の色と同じか、ワントーン明るめの色のアイブローを使うと、アクティブなイメージに。眉のラインはあまり細くしすぎず、自然な太さで仕上げた方が健康的な雰囲気にまとまります。

目もと

目もとは、キラキラ感をプラスして元気顔に!いつものアイカラーをのせたあと、キラキラ感のあるアイカラーをさっと重ねて。あまりつけすぎると、ギラギラになるので上品に輝く程度にまとめましょう。また、まつ毛が下がりぎみだと、冴えない表情に見えるので、ビューラーを根元から3~5段階に少しずつずらしながらクセづけし、上向きアーチをつくると、目元がイキイキと見えます。

頬 / 口もと

頬 / 口もと

疲れをカバーするなら、頬はきちんと色をのせることが大切です。鏡の中で笑顔をつくり、頬の一番高いところにチークをのせるようにしましょう。普通の表情でチークを入れるよりもやや高い位置に入れられるので、リフトアップしたような顔になり、若々しく元気に見えます。チークののせ方も頬に斜めにではなく、やや丸みをつけてのせていく方がやさしい雰囲気に仕上がります。

口もと

口元は、ふっくらとしたラインに近づけてみましょう。やや上唇が薄いようなら、ひとまわりオーバーぎみにラインどり、または口紅を塗ります。発色のいいものなら、グロスだけでもOK。口紅で仕上げた場合は、仕上げに唇の上下の中央部分にグロスを重ねると、ふっくらとした口元に。つや感を出すことで表情にも輝きがあふれます。

▲ページTOPに戻る

失敗メイクと成功メイクはココが違う!勘違いに注意して、旬の元気顔に!!

全部の色が主張しすぎている!

全部の色が主張しすぎている!

目元は濃いグリーン、唇は赤みの強いピンクなど、パーツごとの色が主張しすぎていると、どこか古臭いメイクに。特に今のメイクは、色はややおさえめでキラキラ感・ツヤ感などニュアンスで見せていくのが主流。濃い色を使うなら、目元だけなど1箇所にとどめ、口元は淡いベージュでツヤツヤに仕上げるのがおすすめです。

アイラインで目を大きく見せるはずが…

アイラインで目を大きく見せるはずが…

目を大きく見せたくて、アイラインでぐるりと目を囲んで いるメイクがありますが、あまりに太いラインにすぎるのは要注意!目に対して太すぎるラインは、目がかえって小さく見えることもあります。アイラインはあくまで、目元のラインを補う程度にした方が自然でくっきりとした目元に仕上がります。

アンケート上位の条件で求人情報チェック
  • 准看護師
  • 助産師
  • ケアマネージャー

▲ページTOPに戻る

 

pageTop

copyright(c) All rights reserved istyle Beauty Solutions Inc.