医療・介護・看護師の求人・お仕事情報 医療介護ワークス

看護師・介護・薬剤師・医療の転職・求人なら医療介護ワークス

TOP > 今月の特集 第3回『医薬品販売にコンビニ参入 薬事法改正でドラッグストアはどう変わる?』

 

今月の特集第3回『医薬品販売にコンビニ参入 薬事法改正でドラッグストアはどう変わる?』

2009年6月1日、改正薬事法が施行されました。ニュースや新聞などではネットでの薬販売禁止がもっとも大きな話題でしたが、一般の人がもっとも期待したのは、コンビニでも薬が買えるようになる点でしょう。消費者にとっては朗報ですが、ドラッグストア業界にとっては強力なライバルの登場。ドラッグストアが今後どのような戦略で差別化を図り、どう変わっていくのか、大手ドラッグストアチェーンの生の声を交えてお伝えします。

薬剤師以外も医薬品販売が可能に

改正薬事法では、医薬品はリスクによって3つに分類されました。もっともリスクの高い第一分類の医薬品は従来どおり薬剤師しか販売できませんが、第二、第三類の医薬品なら、1年以上の実務経験を経て試験に合格した「登録販売者」にも販売することができるように。さらに第一類を扱う店舗販売業の店舗管理者にも、薬剤師だけでなく登録販売者として3年程度の経験を積めば可能となりました。

一方、ネット販売では十分な説明ができないとの理由で、もっともリスクの低い第三類の医薬品以外は基本的には売ることができなくなりました。これに対してネット業界では「これまで薬剤師が販売といっても形だけ。対面でも説明などなかったのに…」という不満の声も出ています。しかし、今回の改正薬事法の狙いは、医療費の高騰を抑制すべく、軽度な身体の不調は自分で手当てするセルフメディケーションを促進することにあるといわれており、販売における責任は強化され、薬剤師のみが販売できる第一類の医薬品は、説明文書を用いての説明が義務化されるなど、薬剤師の役割も重くなりました。次第に、薬剤師は単に「販売に必要な免許を持った存在」でいるわけにはいかなくなっていくでしょう。

改正薬事法による医薬品の分類
薬品分類 情報提供 相談応需 指定医薬品例 販売できる専門家 ネット販売
第一類医薬品 説明文書での提供が義務 添付文書を使っての対応が義務 H2ブロッカー入り胃薬、一部の水虫薬や発毛剤など 薬剤師 ×
第二類医薬品 努力義務 添付文書を使っての対応が義務 主な風邪薬の他、解熱鎮痛剤、殺菌消毒薬、睡眠改善薬など 薬剤師、登録販売者 ×
第三類医薬品 薬事法上規定なし 添付文書を使っての対応が義務 ビタミン剤、うがい薬、整腸剤など 薬剤師、登録販売者

▲ページTOPに戻る

コンビニなどの参入にドラッグストア業界の動向は?

医薬品販売の敷居が下がったことにより、コンビニエンスストアやスーパーマーケット、家電販売店などが一気に医薬品販売に参入しました。近年、ドラッグストアの中には、売り上げの中に食品が多く占めるなど、コンビニやスーパーとの差があまりないドラッグストアも増えてきています。

しかし、差別化を図らなければ、資本の大きなスーパーマーケットなどへの対抗は難しいでしょう。ドラッグストアはさまざまな戦略で、生き残りを図ろうとしています。

大手ドラッグストアの動き
戦略 ドラッグストア
市場に参入したくてもノウハウがない企業をフランチャイズ化 マツモトキヨシ、アインファーマシーズ、サンドラッグなど
一部店舗で24時間営業など、営業時間延長 スギメディカル、マツモトキヨシ
調剤部門を強化 スギメディカル、マツモトキヨシ、セガミ、クスリのアオキ
新薬治験事業への参入 スギメディカル
地域医療の担い手として、訪問看護ステーションなどを展開 スギメディカル

▲ページTOPに戻る

薬剤師のみならず、看護師、介護職員が求められる時代へ

ドラッグストアの新たな戦略として特に目立つのが、医薬品に関する専門性を生かす戦略です。販売員としてだけ見れば、登録販売者でも対処できる部分が多くなるので、今後、薬剤師には、健康に関する相談や調剤、新薬の治験事業など、より専門家としての役割が期待されます。

さらにスギホールディングス傘下のスギメディカルのように、在宅医療の調剤業務を担ったり、訪問看護ステーションを運営したり、医薬品販売にとどまらない、医療サービスを展開するドラッグストアも 増えていくでしょう。

ドラッグストアは薬剤師のみならず、看護師や介護職員の職場としても注目を集めていくことになりそうです。

▲ページTOPに戻る

コラム 今後伸びるのは、医薬の専門性を生かすドラッグストア

改正薬事法により、大きく変わっていこうとするドラッグストア業界。新たな戦略を展開し始めている大手ドラッグストアチェーン「スギ薬局」をグループ会社に有するスギホールディングスの広報を務める中島さんに業界の今後についての予想と、自社の戦略についてうかがいました。

地域医療の担い手へ

「価格競争に巻き込まれないためには、付加価値が大事です」(中島氏)
中島氏は異業種からの参入により、医薬品の価格競争が始まることを予想されています。しかし、年商規模がドラッグストアよりも格段に大きい、大規模スーパーマーケットやコンビニ相手の価格競争に巻き込まれれば、疲弊するばかり。今後、生き残り、拡大、発展していくのは、医薬の専門性を生かし、付加価値で勝負するドラッグストアだと言われます。

「地域医療をサポートしていきます」(中島氏)
抗がん治療をはじめ、かつてなら入院しなければできなかった治療が、外来や在宅で治療できるようになる一方で、医療費削減のため病床数が大幅に減らされています。今後、入院治療から、かかりつけ医に診てもらいながら在宅で治療していく方向へ変わっていくでしょう。在宅看護をはじめとする地域医療の重要性がますます高まります。

地域医療の担い手へスギ薬局ではクリーンルームやクリーンベンチを導入し、TPN(中心静脈栄養法)や抹消静脈点滴に対応、また抗がん剤などにも対応できる安全キャビネットも導入するなど、より高い専門性が求められる調剤業務が可能な体勢を整えています。しかし、たとえばモルヒネを届けても、薬剤師だけでは注射はできません。看護師が必要です。そこで地域の医師と、薬剤師、看護師などが連携して在宅患者さんをサポートする体制を整えました。また看護に必要となる紙おむつや清拭布を届けるなど、あらゆる面から、地域医療をバックアップしていこうとしています。

「充実した教育プログラムで専門性を高めています」(中島氏)
スギ薬局の場合は、独自の教育プログラムがあり、たとえば末期がんの患者さんに対するコミュニケーションなど、専門的な分野も学べます。今後、ますます薬剤師の専門性が重視されるようになる中で、知識や技術を磨くことが求められますので、キャリアアップを考えた仕事選びも重要になっていくのではないでしょうか。

スギホールディングス
広報IR室 中島氏
スギ薬局は、『町のかかりつけ薬局』を目指す調剤併設型ドラッグストア。調剤を含めた医薬品以外では、化粧品の売り上げも多く、コンサルテーション販売に強みを持っています。その専門性の高いドラッグストア「スギ薬局」を核とし、スギメディカルとして、訪問看護サービスや医薬品開発支援事業なども展開し始めています。
求人情報をチェック
  • 登録販売者
  • 薬剤師
  • 看護師
  • 介護師

▲ページTOPに戻る

 

pageTop

copyright(c) All rights reserved istyle Beauty Solutions Inc.